前野建築設計の理念

~「意匠・構造・設備」三位一体を実現する、真の建築設計を三重の地で~

1975年の事務所開業以来、意匠・構造・設備の全分野を扱う建築士を目指し、努力してまいりました。

お客様の大切な財産である建物を建築する我々は、本来は単なるデザイン家であってはいけない。 そもそも建築とは、デザイン性だけではなく、構造安全性や機能性との融合が重要であると考えてきたからです。

真の建築士には、意匠・構造・環境設備の全分野において、高い知識と技術力を有する必要があります。 お客様目線で、常に高い満足を得られるために努力を惜しまず、建築各分野の知識と技術力を互いに切磋琢磨し研鑽する。

分業化が進むこの建築設計界において、三重の地であるからできないのではなく、三重の地であるからこそ全ての建築分野をサポートする技術を培い、お客様の満足度を上げていきたいと考えています。 これからも、弊社に建築設計を任せてよかったと思われる、そんな仕事を目指してまいります。

弊社は、1級建築士はもちろん、APECアーキテクトや構造設計1級建築士、設備設計1級建築士、建築設備士が活躍する、国内でも珍しい少数精鋭の総合建築士事務所です。 企画・立案・基本設計から、実施設計・工事監理はもちろんのこと、都市計画法手続き、既存建物の耐震診断・補強、文化財など伝統建物の保存計画といった、建築に関する全業務を一貫してスムーズに遂行いたします。

また、三重県内では唯一の医業経営コンサルタントが在籍する建築士事務所として、病院や診療所、保育所、福祉事業等の開業補助・企画立案もお手伝いいたします。